一言劇

ちょこっと思い浮かんだ言葉を携帯のメモに書いていたら、だんだん貯まってきたもので。載せてみたくなりました。でも、タイトル以外に内容は無いかも。

自分は今、わんこそばに挑戦中!と空想してみる。

予約投稿の準備の真っ最中です。
朝飯前と意地はってましたが、さすがに我慢の限界に近づいてきたぞ。
死んだ兄貴にお茶も上げなきゃ、とも思う。
つまみ食いだけでもいい。つまみ食いしたい。

今回の言葉自体は、財布の中身が乏しくて、昼食抜きで堪えた時のもの。記事にまとめていたら、また似たような事態になるなんて。

まったくダイエットしているわけでもないのに。とほほ。

合理主義って、言うほど合理的なのかね?

予約投稿です。

 

あいかわらず、ひねくれ者の私。

こういうことがついつい脳内に浮かびます。


もう、いろんなことが素直に受け止められません。
たしかに合理的に考えるべきと思うことは多いですし、それがうまくできなくて自己嫌悪に陥ることも多々あります。

顔に出ていないことを祈りますが。

 

しっかしなあ。他人様が合理主義を説いている姿を見る時って、なあ。

何だかなあ、って言いたい気持ちがムズムズしてくる。

そんな気持ちってないですか。

よりによって、あんたがそれを言うか!って言いたくなる。そんな自分がいる。

合理的なんて言葉がわざわざ使われる時点で、物事が合理的に進んでいないと言う証拠じゃないんですかね。って言ったら、言い過ぎなのかな。


うへえええ、愚痴っぽくなってきた。
環境のせいにしておこう。
失礼しました。

フタは閉じている。だから未来は開いている。

今回は、ひとさまの作です。
このカテゴリーを作っておいてよかった。

 


こちらで見つけました。出会いました。
とくとご覧あれ。面白いですよ。
https://www.hirake-manhole.com/andy/

アンディ・マンホールさん。お会いできて光栄です。
未来は開いているよ、なんて言ってくださるんですから。
励まされたかって?希望が持てたのかって?
私はそれよりも、未来が開いている理由の方が気になりましたよ。
「フタは閉じている。だから・・・」

「だから」と言っているんです。
ここは普通「しかし」や「だけど」でつなぐところではないでしょうか。
なのに「だから」あえて「だから」とつないでいるんです。本当は「だからこそ」なのかも。

 

このアンディさん、なかなかの曲者と見ましたね。
だって思い出してみてください。あのガリレオ・ガリレイでさえ「それでも地球は回っている」という言い方なんです。「それでも」でつないだんです。「それでも」を選んだんです。

それなのに、アンディさんときたら。「だから」を選ぶなんて。
やるな、おぬし。
久方ぶりに妙技を味あわせてもろうたわい。礼を言うぞ。ほっほっほ。

 

 

いやあ、これは紹介しないてはない、と思いましたね。まんまと思わされました。重ねて言いますが、おススメです。

それにしても、おもろいことする人だなあ(正確には企業ですな)。

でも、ちょっと悔しいのは、マンホールがどうも最近熱いって事情。マンホールがこんなに盛り上がるんだったら、西洋紋章だって、もうちょっとフューチャーされたっていいだろ!などと個人の都合で拗ねる私でした。

砕けたピスタチオって、アボカドに似ている。

気がする。

そんな気がするんです。

個人の意見に過ぎないでしょうか。

あの、黄色から薄い黄緑に移るグラデーションが共通している、と思えたんです。この際、殻は考慮しないでくださいね。

 

と言うか、どっちも好きな食べ物。

それで結びついただけ?

内容がなかったか。ピーマンじゃないのに。

酔うとはつまり、騙されたがるということ。

お酒のことだけではないですよ。

騙される奴が悪い、って言い回しを聞いたことがありませんか?
キツい言葉です。
被害者に対しては、もう少し加減してやれよ、と思わなくもないのですが。

ただし我が身を振り返ると、時にはこの「騙される奴が悪い」を認めざるを得ないかな、と思うこともあります。そういう時もあったかな、と。
どこかで分かっていた。嘘というか現実と違うことに、なんとなく気づいていた。そのくせ気づかないふりで過ごしていた。そうした現実逃避の理由は山ほど持っていて、いつまでもいつまでも言いそうになる。言い訳である。

そんなことをつらつら考えていた時に思いついた言葉です。
わざと酔っている。そう認めざると得ない、と。

反応が薄い僕だけど、いやだったら、ここにいないよ。

オーバーではない、適度なリアクションで返したい、とは思うんです。
思ってるんですよ。


でも、ごめんね。
こいつ下手なんだって、ちょっとあきらめて。
その上で気長にお付き合いください。
お願いしまぁす。